1. HOME
  2. 会社案内
  3. 沿革

COMPANY

会社案内

沿革

History

設立~昭和62年

昭和57年4月 社団法人神奈川県トラック協会川崎支部傘下の運送業者30社が出資金2,000万円をもって設立
産業廃棄物処理業(収集運搬業及び中間処理業)の許可を川崎市より取得
昭和57年6月 自家用自動車共同使用許可(送迎バス)を関東陸運局神奈川運輸支局より取得
自動車運送取扱事業登録(東京陸運局)を取得し、運送事業開始
建築物環境衛生一般管理業を神奈川県にて登録し、川崎市の競争入札参加資格を得る
昭和57年7月 川崎中央卸売市場北部市場の、第一種関連事業業務許可を取得し、運送・市場内荷役・陳列作業・送迎バス等の業務及び川崎市より清掃・産業廃棄物処理の業務委託を開始
川崎市宮前区馬絹において産業廃棄物処理工場を設置し、北部市場の発砲スチロールの中間処理を開始
昭和57年8月 (社)神奈川県ビルメンテナンス協会及び川崎美化協会に入会
昭和57年11月 産業廃棄物処理業(収集運搬業及び中間処理業)の拡大変更許可を行う
(社)神奈川県トラック協会入会
昭和58年4月 川崎中央卸売市場北部市場第一種関連取扱業種に倉庫業の追加許可を受け、市場内の普通倉庫及び定温倉庫の管理運営を始める
昭和58年5月 新たに3,000万円の増資を行い、新資本金を5,000万円とする
昭和60年2月 川崎貨物自動車事業協同組合に加入
昭和60年11月 一般区域貨物自動車運送事業の経営免許の交付を得て、市場内外の運送事業を開始
昭和62年5月 社長小俣勝男の退任により、新社長東尾幸輝が代表取締役就任
昭和62年10月 北部市場内に産業廃棄物処理指定工場設置許可を得て、廃発泡スチロール溶解処理(150kg/H)を開始、当年間345tを処理

平成元年~

平成元年8月 市場内の廃発泡スチロール発生量増加に伴い処理機の増設(330kg/H)で、当年間444tを処理
平成2年10月 市場外配送として、(株)NEC商品物流センター営業開発部との運送業務開始
平成5年9月 公害対策に対する溶解新処理機導入(280kg/H)により、当年間527tを処理
平成6年11月 (株)富士通ゼネラルとの電気製品他の運送業務開始
平成7年1月 配送形態の変化に伴いパワーゲート車の導入
平成7年2月 市場内の廃発泡スチロール処理増加に新処理機(名濃製:エコロボエース)増設(300kg/H)で当年間607tを処理
平成9年9月 運送品目に新たに都・市・県よりの産業廃棄物収集運搬物が加わり、神奈川県の許可を取得
平成9年10月 産業廃棄物収集運搬業許可を横浜市より取得
平成10年5月 産業廃棄物収集運搬業許可を東京都より取得
平成11年3月 配送品の品質保全の為、保冷車両の導入
平成11年5月 廃発泡スチロール処理機の増設に伴い(400kg/H)で当年間672tを処理
平成12年10月 川崎市の事業系廃棄物処理の変更に伴い、一般廃棄物収集運搬業許可を取得
平成13年4月 川崎市中央卸売市場南部市場において、産業廃棄物処理(廃発泡スチロール)を新たに開始する
平成15年4月 川崎市中央卸売市場南部市場の一般廃棄物収集運搬業務を開始
平成30年8月 川崎市建築物環境衛生総合管理業を更新
平成30年9月 川崎市中央卸売市場南部市場においての産業廃棄物処理(廃発泡スチロール)の許可を更新

令和元年~

平成元年6月 第二号警備(雑踏警備)の資格を取得